えみっこのメキシコライフ

相方の転勤によりメキシコ プエブラ州に2015年から住みはじめ、日本とはまったく違う、日々驚き満載なメキシコ生活と旅行好きな2人の訪れた素敵な場所を日記を通してご紹介していきたいと思います。

自転車でCholula (チョルーラ)へ

年末年始の食べ過ぎを解消すべく新年早々ランニングを開始し、週末は自転車で隣町のチョルーラへ。

 

Cholulaには実はあまり知られていないですが、メキシコ最大のピラミッドがあるんです。

あまり知られていない理由としてはチチェンニッツァのようにTHEピラミッド!!!という姿をしていないから。

 

f:id:emicco_p:20180108234808j:image

 

ピラミッドが丘のようになっていて、その頂上には教会が建てられています。

スペインの侵略によって部分的に破壊され、征服した意味を込めて教会を上に建てたらしいです。

 

そんなチョルーラのピラミッドまでは自宅からサイクリングロードを使って自転車で約30分、12km程の距離。

 

到着してコーヒーストップをして、いざ自転車で教会まで!!

キツイ!!!途中案の定登れず降りて手で押そてやっと到着。

 

f:id:emicco_p:20180108235218j:image

 

頂上からはポポカテペトル山が見え、プエブラ市内も一望でき素敵な眺め。

頑張って登った後には素敵な眺めが待っていて疲れも飛んでいってくれます。

 

f:id:emicco_p:20180108235330j:imagef:id:emicco_p:20180108235335j:image

 

メキシコの青空に黄色の教会が映えます。

 

f:id:emicco_p:20180108235421j:imagef:id:emicco_p:20180108235430j:image

 

教会と青空をバックに 自転車と。

気分爽快です!!!

 

新年早々ピラミッドと青空にパワーを頂きました!!

 

プエブラにお越しの際はは是非隣町のチョルーラにも足を運んでみてください。

素敵なカフェやレストランも色々とあるのでランチがてらに是非。

 

私のお気に入りカフェはMOSTOVOI。

f:id:emicco_p:20180109001604j:image

朝ごはん(と言ってもメキシコ人の朝ごはんは日本でいうブランチ的時間の10時頃)やランチに最適!

典型的なメキシコの朝ごはんやサンドイッチ、ベーグル、サラダなどが美味しいく頂けます。

 

お気に入りレストランはお庭がステキなCuidad Sagrada。

f:id:emicco_p:20180109001559j:image

 

ガーデンで素敵なメキシコの気候を楽しみながら美味しいご飯を楽しめます。

 

電車もあるのでとても行きやすくなっています。是非!!!

メキシコ アトリスコ 世界で最も気候の良い街

Atlixco(アトリスコ)はプエブラ州にある小さな街。

*プエブロ マヒコにも選出されている街。

 f:id:emicco_p:20171217011723j:image

(いい写真がなかったのでネットから拝借)

 

*Pueblo Magico(プエブロ マヒコとは、メキシコ政府が認定している観光推進プログラムで、
魔法のように魅惑的な自治体を毎年選出するというもの。選出基準には美しい自然、豊かな文化遺産、歴史的な重要度などがあり、それに加えて今も人々が日常生活を送っていることも条件。

 

プエブラ市からは、高速道路(有料道路)を使って15分程。
ポポカテペトル山の麓にある街。
ここは年中豊かな気候で、年間を通しての平均気温は19.4度と、その豊かな気候故、植物を育てるのには最適な場所で、多くのお花屋さんがあります。
植物、お花がこんなにもきれいな色を持っているんだ、こんなにもきれいに大きく咲くんだ!と、その美しさにいつも魅了されます。

 

私たちもいつも観葉植物やお花を買いにここへ来ます。そして今の季節はポインセチアでいっぱい!

f:id:emicco_p:20171217011706j:image

 

しかも安い!一鉢60ペソ(=約350円)!!
自宅にあるブーガンビリア、アフリカンチューリップ、トランペットツリーなどなど、、、全てこちらから調達。


週末にランチをしに来たり、週末にのんびりと過ごすためにアトリスコに別荘を持っている人達も多くいます。
アトリスコにあるほとんどのレストランは大きな庭があり、ガーデンランチが主流です。

 

これは先日友人の別荘でみんなでランチをした時の様子。
豪快にお庭でバーベキュー!

f:id:emicco_p:20171217011851j:imagef:id:emicco_p:20171217011859j:image

f:id:emicco_p:20171217011916j:image

12月に夜でもシャツ1枚で過ごせます。

子供たちもプールでまだ遊んでたり。


たったの15分で日々の騒音、渋滞から抜け、太陽の陽射しを浴びながらポポカテペトル山の絶景を前にガーデンランチ。贅沢なひと時です。

噂ではナショナルジオグラフィックが最も素晴らしい気候の街に選んだとか。

 

のんびりと週末を過ごしたい方には最適な場所。
是非訪れてみてください。

 

 

🐢ウミガメ保護活動 プエルトエスコンディード

観光ビジネス先月のPuerto Escondido旅行で隠れ家的ビーチを散歩してる際に発見したウミガメの保護活動🐢。

f:id:emicco_p:20171207231114j:image

 

ウミガメは産まれたビーチに戻ってくる。

不思議ですよね。

 

プエルト エスコンディードでは通年に渡ってウミガメの産卵があり、いくつもの保護活動団体があります。

夜にビーチを何往復もしてウミガメが産卵を確認し卵を保護しています。

メキシコではウミガメの卵を盗んで食用に売る人たちがいるそうで、そういう人たちからの保護、他の動物たちに食べられてしまわないように保護。

 

ここで見られるウミガメは、きっちり45日で孵化。

f:id:emicco_p:20171207231225j:image

f:id:emicco_p:20171207231229j:image

 

45日目の夕方4時に掘り起こして、目覚めさせ、鳥たちが餌として狙ってるので鳥たちの目が見づらくなる夕陽が沈む頃に海に向けて放します。

f:id:emicco_p:20171207231243j:image

 

だいたい100匹の内またビーチに戻ってくるのは8匹だそうです。

自然界は厳しい。。。。

 

頑張れ赤ちゃんウミガメ!!!!

 

旅行前はネットでウミガメの放流体験をしたくて検索。900ペソ安ーいなんて思ってましたが、、、、、

観光ビジネス目的で行なっているところもあって、900ペソの内団体に入るのはたった200ペソだったり、毎日観光客に見せられるように孵化した赤ちゃん亀を数日水の中にキープしてたり。本来なら孵化して直ぐに海に戻してあげないといくないのに。

 

私たちが遭遇しら団体は全て自然のプロセスを尊重して、観光ビジネス目的は一切なし。

近隣住民(外国人)の寄付などによって支えられている団体。

私たちも少しばかり寄付。

 

素晴らしい体験。団体によって色々あるからもちろん1番はウミガメが守られることだけど、裏事情をしると私たちが遭遇した団体のような団体がもっと働きやすいようになってくれればなーと思う。

 

でも本当に本当に素晴らしい貴重な体験。

ウミガメ赤ちゃんが一歩一歩歩いて本能で海に歩いていく姿は感動。

1匹でも多くのウミガメ赤ちゃんが力強く成長してまた戻ってきてくれますように。。。。🙏

メキシコビーチPuerto Escondido、サーフィンの名所

Puerto Escondido(プエルト エスコンディード)はオワハカ州にある、太平洋側のビーチ。

カンクンなどのカリブ海では見られない夕陽が沈むビーチ。

f:id:emicco_p:20171201001204j:image

 

人口およそ5万人の小さな街。主要産業は観光、特にサーフィン!
ここはメキシコ内で有数のサーフィンの名所。
波もピーク時(2月、3月頃らしいです)は4、5mにもなるらしいです。

 

私たちは今回11月に8日間滞在。
雨季も終わり、台風シーズンも去った今の時期は湿度も低くとても過ごしやすい。
と言っても日中は30度。でも朝は風が通り抜けてとても爽やか。波の音とヤシの木葉っぱが揺れる音で目覚め(私は鶏さんたちのコケコッコーで起きてましたけど。笑)、
夜は波の音をBGMに寝る。のんびりとした時間が一日中流れます。

 

今回はAirbnbでお家を借りてよりのんびりと。
朝はヤシの木の目の前でバルコニーで朝食。
その後歩いて5分のビーチで昼過ぎまで本を読んだりしながらフレッシュココナッツジュースを頂く🥥

f:id:emicco_p:20171201001122j:image


お昼はたまーに家に帰って地元の八百屋さんでゲットした食材で自炊したり、たまーにビーチハウスで新鮮なお魚を頂いたり。

夜は近所のレストランで。


今回初訪問のPuerto Escondidoだったので、土地勘がなかったものの、借りた家の地区はLa Puntaというサーファーが多く滞在するヒッピーエリア。リーズナブルで美味しいレストランが結構ありナイスチョイス!

 

その他にもBacocho(バコチョ)というビーチに隣接している住宅街や、Zicatela(シカテラ)というホテルが集まったビーチ地区もあります。

 

Puerto Escondidoは太平洋側にあるので、夕陽が海越しに沈むのを毎日見れます。

f:id:emicco_p:20171201001344j:imagef:id:emicco_p:20171201001423j:imagef:id:emicco_p:20171201001530j:image

 


この時間になるとみんなビーチに出てきて浜辺に座り静かに夕陽が沈むのを眺めます。
海風が心地良く、太陽がどんどんと沈んで行くのを見て心が浄化されていく感じ。
美しい夕陽は毎日見ても飽きることはまったくありませんよね。

 

ビーチでゆっくり過ごすのはもちろん、早朝にイルカ🐬ツアーに行ってきました。
ビックリするほどの大群!200頭以上のスピニングドルフィン。

f:id:emicco_p:20171201030147j:image


運が良ければ冬はクジラも見られるかも。また海亀がプカプカしていたり。

そして、、、ビーチを散歩していたらウミガメの保護活動に遭遇。

f:id:emicco_p:20171201001605j:imagef:id:emicco_p:20171201001608j:image


こちらは次のブログで詳しくご紹介。

 

自然満載な静かな観光地。
少しヒッピーな小さな街。
カリブ海とはまた違った魅力のメキシカンビーチ。
是非訪れてみてください。

最後に訪れた美味しいレストランをご紹介かい!

 

1) Lychee(リチー)

La Punta地区にあるタイ料理レストラン。夜のみオープン、定休日は月曜。

想像以上に美味しかった。まさかタイ料理が食べられるとは。3度訪問。

パパイヤサラダ、生春巻き、揚げ野菜春巻き、トムヤムクンなどの前菜にメインプレートは野菜たっぷりボリューミーなグリーンカレー、野菜たっぷりのバジル炒め、本日の魚プレート(私たちの時は照り焼き)、パッタイなど。

f:id:emicco_p:20171201002241j:imagef:id:emicco_p:20171201002243j:image

カード使用可◎

但しチップは現金のみ。

 

2) Alivo Italian(アリーボ イタリアン)

La Puntaのビーチから歩いて3分ほどのイタリアンレストラン。

ここも想像以上の美味しさ。2度訪問。

トマトブルスケッタ、イカリング。どちらも絶品!

メインはハンバーガーやパスタ、タコスなど。

f:id:emicco_p:20171201002742j:imagef:id:emicco_p:20171201002634j:image

f:id:emicco_p:20171201002800j:imagef:id:emicco_p:20171201002803j:imagef:id:emicco_p:20171201002809j:image

カード使用不可✖️

 

3)  Costenito(コステニート)

Zicatelaビーチにある魚介専門レストラン。

ワンプレートが大きい!前菜にセビーチェをオーダーしようと思ったものの周りのテーブルを見てメインのみに。

タコのバジル焼きとロバロ(白身魚)をオーダー。

絶品!タコの柔らかさ!白身魚も炭火で焼かれてふわふわ絶品!

サラダとポテトが付いてきます。

f:id:emicco_p:20171201003554j:imagef:id:emicco_p:20171201003600j:image

カード使用可◎

 

4) Almoraduz Cocina Mexicana de Autor (アルモラードゥス)

予約必須のBacocho地区にあるレストラン。洗練されたメキシコ料理。

出来ればTシャツ短パンでなく少しオシャレして行きたいレストラン。(観光客のアメリカ人の多くはTシャツ短パンでしたけど、、、)

全てのお料理がアートのように目にも美しい。

シェフおすすめのプレートが楽しめるコースも500ペソとリーズナブル。

f:id:emicco_p:20171201003954j:imagef:id:emicco_p:20171201003959j:imagef:id:emicco_p:20171201004008j:imagef:id:emicco_p:20171201004100j:imagef:id:emicco_p:20171201004030j:imagef:id:emicco_p:20171201004037j:image

Puerto Escondido ナンバー1のレストラン!

カード使用可◎

 

是非美味しいご飯も楽しんでください!

 

 

San Miguel de Allende 美味しいレストラン

以前サンミゲル デ アジェンデのご紹介をしましたが、週末に再びサンミゲルを訪れたのでその続報。追加情報です。

 

中央広場 ソカロから徒歩2分に位置するホテルCasa 1810。

この屋上に『Trazo 1810』というレストランがあります。

テラス席もあるのでお天気の良い日はランチも◎

歩き疲れた後の休憩でカクテルを頂くのも◎

 

f:id:emicco_p:20171122022842j:image

 

教会も眺めることが出来て素敵。

 

ディナーもとても美味しくとってもオススメ!

f:id:emicco_p:20171122022945j:imagef:id:emicco_p:20171122022954j:imagef:id:emicco_p:20171122023009j:imagef:id:emicco_p:20171122023018j:image

 

コーヒーもオシャレに。

f:id:emicco_p:20171122023054j:image

 

是非立ち寄ってみてください。

きっとお気に入りの一つになるはずです😊

 

 

メキシコ人の不思議なところ

一時帰国やらでしばらく更新が出来ていませんでした。。。。。

 

久々の投稿はメキシコ人の不思議なところ。

というか、、、日本人(きっと日本人だけではないと思いますが、、、)では理解が出来ないこと。

これはお国柄なのかな、どうなんでしょう。。。

 

9月の地震の後、特に家に被害は無かったものの少し家の補修、メンテナンスが必要になったのでオーナーさん通じて建築士にチェックしてもらう事に。

メンテナンスが必要な箇所を一緒に見て、

 

建築士 『明日、一度大工さんに状態見てもらうよう手配します。で、来週火曜からまずは外側をやって、次に中。他の箇所はホコリとか出るから旅行中にやりましょう』

 

翌日の土曜日、待っても誰も来ない。

日曜日、もちろん誰も来ない。

月曜日、誰も来ない。

火曜日、来たっ!!

 

でも始めたのは、中側。

あれ??外側は?

まー作業してるからいっか。。。。

水曜日、引き続き中側の作業。

木曜日、お手伝いさんがいないのでこの日の作業はなし。

(お手伝いさんは週3日、火・水・金に来てもらっていて、これらの日以外は家に誰もいない中作業をして欲しくないので作業はなし)

 

金曜日、誰も来ない。

土曜日、もちろん誰も来ない。

日曜日、来るわけがない。

 

何でーーーーー!

作業途中ですよーーーーー!

 

と、いきなり作業途中でも来なくなってしまう。

今回が初ではありません。

過去に幾度となく。

 

来ると言って来ない。

いきなり来なくなる。

 

慣れたわけではありませんが、もう驚かなくなりました。

あ、、、またか。と。

 

建築士に電話して状況伝えても進展しないことも多々。

最後はオーナーさんにチクる。

そうすると、翌日から作業は再び開始される。。。。

 

何でかなー?

不思議。

 

他にももっと不思議なこと、ちょっと理解しがたいことあります。

また遭遇したらご紹介したいと思います。

 

そんないい加減なこともありつつも、メキシコいい国ですよ。笑

メキシコのお酒: メスカル(Mezcal)

メキシコのお酒と聞いて思い浮かぶのはテキーラですよね。


テキーラもメスカルも両方ともマゲイと呼ばれる植物を使っている蒸留酒。
ただし、使っている種類が違う&ハリスコ州テキーラ村周辺で作られているもののみテキーラと呼ぶ。
テキーラは工業的で大量生産されていて世界的にはメスカルよりもポピュラーですね。

 

一方メスカルはオワハカが主要生産地。
オワハカ以外にもプエブラなどでも認定を受けて生産されています。
多くのメスカル酒蔵は家族経営の小さいものが多いのも大量生産のテキーラとの違い。

 

オワハカ州へ旅行へ行ったならば是非訪れて頂きたいのがメスカルロード。
メスカル酒蔵が集まっている通りがあり、それぞれの酒蔵で製法を説明してもらってその後は試飲。

f:id:emicco_p:20170927010058j:imagef:id:emicco_p:20170927010114j:image
こんな感じです。

 

メスカルの中には芋虫入りのものやサソリ入りもあります。

 f:id:emicco_p:20170927010132j:imagef:id:emicco_p:20170927010144j:image

 

メスカルの嗜み方。。。。
生の芋虫さんを出され。。。。

(普通はオレンジとチリ塩で頂きます)

f:id:emicco_p:20170927010834j:image

文化を理解するには現地の人に習え!という事で、、、、

 

コマ送りで一部始終をご紹介。

f:id:emicco_p:20170927010300j:image

ご察しください。芋虫の刺身とでも言いましょうか。。。。

 

 

では、簡単にメスカルの製法をご紹介。

メスカルに使われるマゲイはいくつか種類があります。

f:id:emicco_p:20170927010335j:image


1番主要なのはエスパディンと言われる種類。

f:id:emicco_p:20170927011311j:image
唯一栽培が可能な種類でその他のマゲイは全て野生。

 

使うマゲイは7-10年のもの。
Piñaと言われる根っこに近い上の部分を使用。
これをおよそ6日間土の中で焼き、
その後は伝統的な古い製法で馬が石を引っ張ってマゲイをすり潰す。
250Lの内、1度目の蒸留で取れるのは80L、アルコール度数は32度。
2度目で取れるのは30Lで50度。

全工程は約2.5ヶ月。

 f:id:emicco_p:20170927010506j:imagef:id:emicco_p:20170927010523j:imagef:id:emicco_p:20170927010540j:image

 

そしてメスカルが作られるのは1年の中で12月ー3月の乾季中のみ。

 

とても独特なスモーキーな香りなメスカル。
最初は慣れず好き嫌いも分かれることもありますが、飲んで行くうちにどんどんとその魅力にハマり、今では家に200Lの樽を購入し常に50Lある状態に。笑

f:id:emicco_p:20170927010638j:image

 

是非試飲を色々として好きなメスカルに出会ってください!!!