えみっこのメキシコライフ

相方の転勤によりメキシコ プエブラ州に2015年から住みはじめ、日本とはまったく違う、日々驚き満載なメキシコ生活と旅行好きな2人の訪れた素敵な場所を日記を通してご紹介していきたいと思います。

9月19日発生:メキシコ地震

f:id:emicco_p:20170921221427j:image

 

ニュースでも大きく報道されているメキシコで起こった地震。

32年前の同じ9月19日にメキシコで大きな地震が発生し、大きな被害、沢山の人が亡くなりました。

以来メキシコでは、この9月19日 11時に学校、政府関連施設では毎年避難訓練が行われます。

今年も例年と同じように訓練が行われ、子供達も教室に戻ってしばらくしてから本当の大きな地震が発生。

 

震源地は私が住んでいる州、プエブラ州。住んでいるプエブラ州プエブラ市からは80km程離れているところです。M7.1。震源地が浅いこともあり揺れは大きく、被害が大きくなりました。多くの建物が倒壊。

 

こちらの写真はメキシコシティの被害。

f:id:emicco_p:20170921221411j:imagef:id:emicco_p:20170921221413j:image

 

こちらは住んでいるプエブラの旧市街地の被害。

f:id:emicco_p:20170921222837j:image

 

きっと日本では大きく被害が出ない地震規模。

でも悲しいことにメキシコは貧しい人たちが国民の半数を超えています。故に彼らが住んでいる建物はもろく、今回の様な地震では被害が出てしまいます。

またこちらの主要な建築方法(一軒家)はレンガ。私の住んでいる住宅街はプエブラの中で1番高級な住宅街ですが、この写真は建設中の2軒隣の家。見ての通りレンガです。

f:id:emicco_p:20170921221450j:image

 

流石にフラクショナミエント(fraccionamiento)と呼ばれるセキュリティゲートのある住宅街の家は倒壊はしませんが、一部の家には壁にヒビ、ガラスが割れるなどの被害あり。

f:id:emicco_p:20170922003623j:image

 

ここから想像できるように、日本では出ない被害がこちらでは出てしまう。

地震に対する建築基準法があるとはいえ、それは32年前の地震後のこと。

多くの建物はそれ以上の築年数。また違法建築も多いと聞きます。(お金を渡せば満たしていなくても通る、、、、らしいです。。。)

 

築2年の近所の大きなマンション。ガラスは割れ、壁にもヒビ。住人はもちろん避難。

他のタワーマンションの多くも同様。

f:id:emicco_p:20170921221508j:image

 

また、日本では考えられない犯罪も発生します。

住んでいる住宅街の前にある大通り。

地震発生後、信号機が機能せず交通渋滞。

その渋滞を狙って強盗が発生。

州知事からもツイッターにて警告が出されました。

 

しかし、悲しい、怖いことばかりではありません。

翌日には多くの市民が被災した人々のための救援物資を買い求めコストコや大型スーパーに。

 

私も友人一家と買いに行きました。

f:id:emicco_p:20170921222102j:image

 

子供達はサンドイッチを作って、被災者へ配りに。一つ一つには手書きのメッセージも付けて。

f:id:emicco_p:20170922000242j:image

 

今は駐在員としてメキシコにいる私達。

メキシコという国の悲しい部分も、怖い部分も知っています。

でもそれ以上に素敵な人たち、素晴らしい文化、まだまだ可能性が沢山ある国だという事も知っています。

住む前には想像もしていなかったくらいに私達はメキシコが大好きになりました。

駐在が終わって他の国に行ったとしても、最後に戻ってきたい国はメキシコ。

 

1日も早くメキシコが復興しますように。

 

🇲🇽メキシコ独立記念日: Viva Mexico🇲🇽

9月16日はメキシコ独立記念日。

スペイン領だったメキシコ。1810年に独立に向けた戦争が始まり、1821年9月15日に戦争が終了。

 

メキシコでは前夜の15日の夜にお祝い。

家族で集まって、夜の11時には各都市の中央広場にて大統領、州知事の方々がグリト(Grito)という叫びを行い、市民もみんな一緒に叫びお祝いします。

 

VIVA MEXICO

(メキシコ万歳)

VIVA LA LIBERTAD

(自由万歳)

 

メキシコにとって1番大事な日。

そしてメキシコは家族のつながりがとても強いので家族みんなで一緒にお祝い。

 

去年は友人一家がアカプルコに連れて行ってくれて、ホテルでお祝い。

マリアチというメキシコ音楽やメキシコの踊りを観賞して、その後はみんなで踊る💃🕺

 

f:id:emicco_p:20170918223500j:imagef:id:emicco_p:20170918223515j:imagef:id:emicco_p:20170918223528j:imagef:id:emicco_p:20170918223538j:image

 

今年はドイツ人の友人宅で。

f:id:emicco_p:20170918223719j:imagef:id:emicco_p:20170918223823j:image

 

みんなでお祝い。楽しい時間。

メキシコにいる間に一度は中央広場のソカロで過ごしてみたいな。

 

 

メキシコ珍味

今日ご紹介するのは、、、、メキシコ珍味
メキシコではを食べます。
まー日本でもイナゴの佃煮とかあるのでそれと同じ感覚?もしくはもう少し身近に食べるもの?

 

主な虫3種類をご紹介。

 

1) グサノ
アガヴェ(マゲイ)というテキーラの原料となっている植物に生息する芋虫ちゃん。
それを油で揚げたもの。
芋虫の種類も数種類あるみたいで、私は2種類食べたことがあります。
1つ目は私の35歳の誕生日前日、34歳最後の挑戦と題してメキシコシティのレストランで。
高級食材なんです。ワカモレと一緒に出されて、トルティーヤで包んで頂く。
、、、、食感がふわふわしてて、、、うーん。
見た目のせいか、まだ慣れていなかったせいか、、、、また食べたいとは思いませんでした。
タンパク質だ。と、言い聞かせながら食べましたwww

f:id:emicco_p:20170906020540j:image

f:id:emicco_p:20170906020603j:image

 

2度目はテワカンというサボテンいっぱいな場所で食べました。
この芋虫ちゃん、グサノは前回のに比べて足がいっぱい、絵本で見る芋虫系の見た目。
あらーつぶらな瞳が。。。
出されたし食べなきゃ。じゃがりこ気分でと思えどもやっぱりこーなりますよね。

f:id:emicco_p:20170906020638j:image

 

あれ?香ばしい。あれれ、、、ニンニクとチリで味付け=ペペロンチーノじゃないか!
ビールとの相性バッチリ!美味しい!
メキシコ在住2年ともなれば、色々と慣れて美味しさも倍増?
メキシカンちびっ子達も争奪戦で食べる食べる。

 

2) チャプリネス
バッタです。ちっちゃいバッタです。
それをチリとレモンで味付けしたもの。
ワカモレと一緒に食べると美味しい。みたい。
写真をGoogleより拝借。

f:id:emicco_p:20170906020705j:image


私は見た目とどーもあのバッタの足が苦手みたいで、、、、好んでは食べません。
芋虫ちゃん派です。
でも、ただいま冷蔵庫に袋いっぱいにいるんです、この子達。
オワハカから来た知り合いがお土産に2袋くれました。。。
食べきれる自信がないので、メキシコ人の仲良し一家に1袋贈呈。

 f:id:emicco_p:20170906020952j:image

 

3) エスカモーレ
ありの卵。炒め料理で頂くことが多いみたいです。
期間限定の食べ物、希少な食べ物なので高級品です。
私は1度、トルティーヤに他の具と一緒に挟んでいただきました。
驚きのあまり写真を撮るの忘れてしまいました。
なんせメキシコ初年度だったので。。。。苦笑
なので再びGoogleより拝借。

f:id:emicco_p:20170906020810j:image

 

もしレストランや市場で見つけたら、、、
勇気を出してトライ!
長い人生、何事も経験。
食わず嫌いにならずに思い切って挑戦!
頑張って!!!💪

アートの街 San Miguel de Allende (サンミゲル デ アジェンデ )

グアナファト州にあるサンミゲル デ アジェンデ という小さな街。

f:id:emicco_p:20170829005331j:image

 

ここは街中に素敵なギャラリーやショップが建ち並ぶ、アートな街

先週末に2度目の週末旅行へ行ってきました。

 

ここはメキシコ人にとってはとても意味のある街。
ご存知の通り、メキシコはスペインの植民地でした。1810年ー1821年の間にあったメキシコ独立戦争の指導者のイダルゴ アジェンデが生まれた街で、彼の名前が街の一部に加えられています。
また、2008年には世界遺産に登録され、コロニアル調の街並みは今も綺麗に保たれています。

街の中心にはParroquia de San Miguel Arcángelという薄いピンク色をした教会が。

その他にも街中にはいくつかの教会があります。

f:id:emicco_p:20170829005353j:image


夜にはライトアップもされてとても素敵。

 f:id:emicco_p:20170829005441j:image

 

私たちは歩いて歩いて歩き回って色んなお店を発見するのが大好き。
道は細め、坂道多め、石畳みなのでハイヒールでは歩けない。
だけど歩くと色々なギャラリーやブティック、カフェなど可愛らしいお店も沢山。
目的地へも遠回りしたり、行く途中で色んなお店にふらっと立ち寄ったりと徒歩5分の道が30分かかったり。笑
行きと帰りで違う道を歩いたり。それでまた新しいお店を発見したり。
今回は1日で15,000歩、約11km歩きました!

f:id:emicco_p:20170829005506j:imagef:id:emicco_p:20170829005518j:image

 

それではここで、友達やローカルの人達から教えてもらった美味しかったレストランをご紹介。

1) Quince (キンセ)
教会の横の道にあるルーフトップレストラン。
バケーション時期は6時には行かないと満席らしいです。
教会がすぐ見え、夕陽の後のライトアップされた教会を眺めながらのディナーは最高。
食事も美味しかったです。
ちょっと残念なのはサービスがイマイチ。

f:id:emicco_p:20170829005632j:imagef:id:emicco_p:20170829005651j:imagef:id:emicco_p:20170829005659j:image

ソフトシェルクラブのサラダが絶品!

 

f:id:emicco_p:20170829005710j:image

 

2) Rosewoodホテルのルーフトップレストラン
Rosewoodホテルは高級ホテル。
街の中心から徒歩5分程。ルーフトップレストランからの眺めは教会のみならず街が望め、夜の眺めは最高!
ただし、ルーフトップのレストランは秋冬は寒い!防寒必須!
あと、ルーフトップレストランを待つ間に一階にあるバーへ案内されますが、グラスワイン1杯270ペソ(1600円)とお高い。
メキシコの物価でこれは、、、。そして飲んだメキシコワインも酒屋さんでボトルで300ペソ程の3V。3Vは美味しくて好きだけど、、、グラスで270ペソ、、、、うーん。。。😖

 

3) Vino y Tapas (ヴィノ イ タパス)
スペイン料理のレストラン。
店内は小さめで6、7席ほど。とてもモダンなデザインでおしゃれなお店。
ご飯は絶品!

f:id:emicco_p:20170829005755j:image
特にこのアヒルのタパス。おかわりをしました。笑

f:id:emicco_p:20170829005810j:imagef:id:emicco_p:20170829005815j:imagef:id:emicco_p:20170829005824j:imagef:id:emicco_p:20170829005830j:imagef:id:emicco_p:20170829005840j:image

 

4) Cumpanio (クンパニオ)
朝食にどうぞ!パン屋さん併設のカフェ。
朝8時からオープンしているそうです。私たちは2日トライしましたが、、、30分ほど待たないといけなかったので断念。
(11時という遅めの時間且つメキシコ人の朝食時間だったので、、、)

 

5) Panio(パニオ)
多分上記のカフェと同じグループのお店。
小さめのカフェですが、綺麗なスタイリッシュなお店。

f:id:emicco_p:20170829005922j:imagef:id:emicco_p:20170829005927j:imagef:id:emicco_p:20170829005932j:image
朝ごはんも美味しくエッグベネディクトとクロワッサンサンドをオーダー。

f:id:emicco_p:20170829005859j:imagef:id:emicco_p:20170829005905j:image
最後にはずっと狙っていたチョコドームケーキも😋

 f:id:emicco_p:20170829005949j:image

 

6) Antonia
坂道を上ったところにあるホテルのルーフトップレストラン。
予約なしに突撃したら案の定夜9時まで満席。
眺めが素晴らしいお店とローカルの人に教えてもらった所です。
予約して行ってみてください。
次回のお楽しみに。。。

 

7) Jacinto 1930
ここは偶然初めてサンミゲルを訪れた際に入ったお店。
一品一品が丁寧に準備された見た目も美しいレストラン。
中心のソカロから一本入った所にあって、レストランの横にはオリーブオイル屋さん、チョコレート屋さん、マカロン屋さん、その他ギャラリーやブティックが入っていて、とてもおしゃれな一画。

 

あと、行ったら必ず私たちが訪れる場所は、

 

La Aurora
ギャラリーが一箇所に集まった場所。

f:id:emicco_p:20170829010028j:image

f:id:emicco_p:20170829010033j:imagef:id:emicco_p:20170829010048j:image

 

Trinitate
素敵な食器や花瓶などが揃っているインテリアショップ。
私はシンプルなコーヒーカップを購入しました。

f:id:emicco_p:20170829010116j:image

 

Olio Fino

オリーブオイル屋さん。

色々な味のオリーブオイル、バルサミコ酢が置いてあるお店。

試飲もできるので、色々試して自分好みを見つけてみたり。

店員さんにサラダに合うもの、お肉に合うものなど相談してみるのも楽しいです。

特にオススメは香りがとーっても強くて贅沢な白トリュフのオリーブオイル!

試飲だけでも是非!笑

お土産にもオススメ。

f:id:emicco_p:20170829024233j:imagef:id:emicco_p:20170829024405j:image

可愛らしいボトルホルダーも。

 

是非お気に入りのお店を散歩しながら見つけてください!

メキシカンアート: アレブリーヘス

メキシコには沢山の民芸品、メキシカンアートがあります。その多くがハンドメイド。
その中でも私たちがとても気に入っているアートが、『アレブリーヘス』という木彫りのアート。

 

正確にアレブリーヘスとは、紙でできたメキシコシティー発祥のアートで、それを木彫りにさせたアレブリーヘスがオワハカ州(Oaxaca)のサン マルチィン(San Martin)という町で作られているもの。

 

コパルという木を削り、乾燥させ、絵柄をつける。

 

字で書くと普通に聞こえるかもしれませんが、
こちらをご覧ください。

 

f:id:emicco_p:20170821224935j:imagef:id:emicco_p:20170821224950j:imagef:id:emicco_p:20170821225004j:imagef:id:emicco_p:20170821225019j:image

f:id:emicco_p:20170821225030j:imagef:id:emicco_p:20170821225053j:imagef:id:emicco_p:20170821225101j:imagef:id:emicco_p:20170821225111j:imagef:id:emicco_p:20170821225120j:image

 

全て手作業!!!!

この細かい柄、下書きなしで全て手作業!

f:id:emicco_p:20170821225458j:imagef:id:emicco_p:20170821225511j:image


メキシコはまだまだ発展途上の国で、貧しい人達の多い国です。貧困層が多く、当然教育も行き届いていません。
なので、多くの貧しい人々はその日暮らし。
今、明日良ければ良し。
なので中長期的に物事を見るのがとても苦手。
なので、こんなに素晴らしいアートを、膨大な時間をかけながら作業していても、正しい価値を知らないが故にびっくりな価格設定だったり。
(最も有名なアーティストの作品は驚く程高い値段ですけど、、、)

 

なので、サポートしたい気持ちと本当に彼らの作品は素晴らしいので多くの人に見てもらいたい気持ちとで、彼らを招待してホームパーティを開催!
友人達を自宅に招待し、ガーデンパーティー。

 

f:id:emicco_p:20170821225217j:imagef:id:emicco_p:20170821225201j:imagef:id:emicco_p:20170821225310j:image

私たち2人とも友人を招いておもてなしするのが割と好きな方なので、今回は思い切って総勢50名!
意外と準備大変でした😅

 

子供向けにアレブリーヘス体験教室も用意!

f:id:emicco_p:20170821225256j:imagef:id:emicco_p:20170821225351j:image

 

来てくれた友人みんなアートも絶賛、多くが購入。
お天気も良好で楽しい1日に。

しかしメキシコのパーティーは長い!
お昼の2時から始めて、最後は深夜1時まで!
だいたい2食コースwww
お昼が遅めだから夜は軽食でフィンガーフード。
そしてみんな飲むので、、、、翌朝の空ボトルの量がハンパない!www

メキシコスーパーの日本食材

f:id:emicco_p:20170809000657j:image

 

何か違和感が。。。。。

 

これは、、、、、、

ワサビ・・・ですか?

 

それとも、、、、、、、

パン粉?

 

f:id:emicco_p:20170809000923j:image

 

どうやらワサビのようです。。。

なんでパン粉って書いちゃったの?違いすぎでしょ。

 

そして、こんなのもあったり。

f:id:emicco_p:20170809001038j:image

 

🙅笑

 

 

 

続: 【メキシコグルメ】 チレスエンノガダ

二つ前の投稿の続編。

 

プエブラの郷土料理 チレスエンノガダ。

これの発祥の地とされている Calpan カルパン

に機会があり訪れました。

 

チレスエンノガダに使われるくるみとザクロの実の多くはこの街で作れれていて、小さな小さな村に24ものチレスエンノガダを提供するレストランがあるそうです。

 

この料理の準備は大変手間がかかるため、この小さな村ではレストランも毎日提供しているわけではないらしく、提供日を全レストランで決めて、期間限定のお祭りみたいな感じで2か月過ごしているようです。

 

そして私が頂いたチレスエンノガダ。

f:id:emicco_p:20170801014354j:image

この真っ白なノガダソース。

丁寧にくるみの皮を剥いて、下準備がしっかりされている証拠。

上に乗っているくるみも真っ白。

これを見ただけでもう美味しいのは確実。

 

そして、、、、巨大

普通の2倍の大きさ!

顔の大きさくらいありました!

f:id:emicco_p:20170801014411j:image

 

多くの人は完食できず、、、、

私、頑張って全部頂きました!

 

さすがにこの日は夕食食べられませんでしたwww

 

頂いたチレスエンノガダのレストラン情報

 

f:id:emicco_p:20170801014929j:image